LIVE&PERFORMANCE(ステージ&芝生広場にて、入場無料)

2017/10/27()

テンジン・クンサン

テンジン・クンサン(Tenzin Kunsang)

チベット難民2世としてインドで生まれる。チベット亡命政府により設立されたチベット舞台芸術団Tibetan Insutitute of Performing Arts(TIPA)に所属し、歌唱、舞踊、楽器演奏、オペラ等の専門的なトレーニングを積み、チベット伝統芸能のあらゆる分野をカバーできるだけの鍛錬を積んできたチベット人アーティスト。

2010年来日。長野県在住。東京にてテンジン・クンサンチベット伝統音楽教室を主宰。ダムニェン(チベット弦楽器)、歌唱、ダンス等指導。チベットの心を歌うオリジナル曲に力を入れ、日本各地でライヴ活動を行っている。2016年台湾の国立故宮博物館のチベット展オープニングセレモニーにて演奏。

長野・伊那谷に住むアーティストと共にINADANIANとしても活躍。また、多民族芸能集団WATARAとしてチベットの音楽、舞踊を日本各地で披露し大好評を得る。

伝統に基づいた端正な演奏と柔らかく伸びやかな透明で温かい歌声は聴くものをチベット高原へと連れて行く。

アミナダブ

リーダーの遠藤喨及(えんどうりょうきゅう)は浄土宗和田寺の住職ですが、

ミュージシャンで、東洋医学(タオ指圧)と「気心道」の創始者で、

戦略ゲーム「CHATRANGA」の考案者。

CDアルバム「アミリタ」や、「ウォータープラネット」等の6枚をリリースし、

日本や海外のテレビ・ラジオでオンエアーされています。

 

東京生まれ、長野の山奥在住。両親がジャズピアニストで幼少期から音楽に囲まれた生活をする。

16歳から作詞作曲をし、パンク、ロック、スカ、レゲエなど様々なジャンルの音楽を経験し現在、アコースティックソロシンガーとして活動中。

2011年拠点を東京から長野の開田高原に移し、野菜を作ったり醤油を作ったり子供を産んだり自然の中の暮らしを通して気持ち良く表現できるよう日々試行錯誤中。

 

https://meganeminori.wixsite.com/song

しーの 大鹿村在住のボサノバシンガー

大鹿ジャズ研 大鹿在住者によるジャズ研究会


2017/10/28(

ANBASSA

Takeru  ボーカル&ギター

音旅人  自給自足の中に育ち、歌う喜びを知り12才から作曲を始める。 内側から奏でる自由な音楽、歌に込められたメッセージとソウルフルな歌声は人々の心に様々な感情を響かせる。 音楽と共に旅し出会った旅人と音を奏で畑を耕し、薪で火を焚き、無農薬野菜も売る。もはや生活の一部の音旅は日本全国はたまたタイ、ネパール、ジャマイカへ。 Reggae BAND[ANBASSA]のフロントマンとしても活動中。2013年 Bob Marley Songs Day 優勝。One Love Jamaica Festival、Love Save The Dream、Happy Farm music Festival、心の音楽祭、春風など野外フェス等でも活躍中。

 

Teruto ベース きこり

Taka ドラムス

カスターニャと仲間たち フラメンコグループ

大鹿フラガール&Husband

大鹿フラガール:大鹿在住のママさんたちによるフラダンスグループ。

その活動は村内にどまらず村外でも活躍中。

子供達と共に愛をお届けします。

 

Husband:主に大鹿フラガールの旦那たちによるバンドグループ。

元プロ&現役プロミュージシャン在籍。

ジン連 大鹿村のアフリカン太鼓グループ